神奈川県司法書士 相続・遺言センター

レッツ遺言!相続・遺言のことならお任せください。神奈川県下の司法書士をご紹介いたします。

サイトマップ 関連リンク
神奈川県司法書士協同組合 [運営]
登録司法書士検索
運営本体
相続について
遺言について
お知らせ
携帯アクセス
ホーム > 相続Q&A

相続Q&A


質問

相続人のうちの一人が海外にいます。
遺産分割協議はどのようにしたらよいですか?

回答

遺産分割協議書には、相続人全員の印鑑証明書を添付することになっています。
しかし、海外では、日本と異なり、印鑑を使う習慣がなく、サインが利用されます。そこで、相続人が海外に住んでいて印鑑証明書の交付を受けられない場合、「サイン証明書」を利用することになります。
「サイン証明書」とは、日本の印鑑証明書に代わるものとして発給されるもので、申請者の署名(及び)捺印が確かに領事の前でなされたことを証明するものです。海外にいる相続人は、現地の日本領事館等に出向いて、印鑑証明書の代わりになる「サイン証明書」を発行してもらいましょう。